ヘナ

ヘナ

ヘナってなに?

ヘナって、あんまり聞いたことがないひとも多いんじゃないでしょうか。 ヘナは天然のハーブで、ミソハギ科の指甲花(シコウカ)という植物の葉を粉末にしたものです。 最近では、髪や肌を傷めない白髪染料として注目されています。 100%天然の植物染料「ヘナ」だから、髪にやさしく、地肌も健康に保てるのです。 ヘナは化学薬品を使わないので、安心してつかえるんですね。

抹茶に似た色と香りで、水やお湯で溶かして髪に塗り、1時間ほどして洗い流します。 かぶれる人もいるので、最初は注意が必要ですが、自宅でもカンタンに染められるのが特徴です。 科学薬品を使った染料よりも時間がかかってしまうのが、少し面倒かもしれませんね。 でも、白髪を染めるだけでなく、トリートメント効果もあるので、気に入ったらずっと使い続けたくなるかもしれませんね。 ヘナの成分にはラウソンと呼ばれる収れん作用のある黄色色素が含まれています。 トリートメントとして作用し髪の毛をしっとり、しなやかにしてくれるのです。

美しく髪を染めるヘナ

近年のオーガニックブームにのってか、植物由来の自然派の勢いはとどまるところを知りませんね。 髪の毛の染料もそうです。 ヘナって、皆さんはご存知でしょうか。 白髪染めだけど、髪と地肌を傷めない、植物由来の染料です。 基本的には、オレンジ色なのですが、そのほかの植物からの抽出物とブレンドすることで、適度なブラウンに仕上がります。

ヘナというのは、あの有名なクレオパトラも使ったというかなり昔からある染料なのです。 クレオパトラが白髪染めに使ったかどうかはわかりませんが、そんな昔から使われていたんですね。 ヘナは、ミソハギ科の低木で、その葉などを乾燥したものが染毛に用いられるのだそうです。 髪のタンパク質と結合して染まるので、とても自然で、髪や地肌に優しいんですね。 ヘナはこのように植物から作られた染料なので、香りもとっても自然。 お茶の葉のように、出来の良し悪しもあります。 一度使い始めると、はまってしまうかもしれませんね。

ヘナを使ってみよう

髪を美しく染めたい、そんなあなたにおすすめなのがヘナです。 ヘナは、100%植物由来。 天然ハーブを乾燥させ粉末状にしたものなので、とっても安心してご使用いただけます。 使い方は簡単です。 粉末状のヘナを60度くらいのお湯でとき、ペースト状になったら、髪に塗っていきます。 塗り終えれば、ラップでカバーして、およそ1時間くらいそのままにします。 後は、洗い流して、完了。 これって、簡単ですよね。

少し時間がかかるので、その間はちょっとティータイムでも楽しんでみてください。 こんなに簡単に、髪を傷めず、さらに髪をトリートメントしながら染められるって、嬉しいですよね。 他の科学染料に比べると、とても髪に良いということがわかると思います。 もしも、残念なことがあるとしたら、それはカラーバリエーションが少ないってことでしょうか。 やはり、天然の素材なので、出せる色には限りがあります。 そのかわり、体に安全で、使う度に髪をケアしてくれるのですから、やはりおすすめなのです。

Copyright © ヘナとは&その利用法 All rights reserved